放課後等デイサービス 児童発達支援 夢門塾の求人サイト

1分で簡単エントリー ENTRY 採用エントリー

放課後等デイサービス
児童発達支援
夢門塾の求人サイトです

放課後等デイサービス・児童発達支援 夢門塾

児童発達支援管理責任者

児童発達支援管理責任者

「子どもたち一人ひとりに合った療育」を理想とし、
放課後等デイサービスを運営するマネージャー

個別支援計画の作成を通して、子どもたちの課題、保護者様のニーズに寄り添い、
療育内容の決定や職員の指導の方向性の示唆する役割が児童発達支援管理責任者の仕事です。

ABOUT 現場について

現場はどんな雰囲気ですか?

子どもたち、職員の個性が光り、とても元気です。

職種の魅力は何ですか?

保護者様の想いを受け止めながら、子どもたち一人ひとりの「できるようになった」を増やしていけるよう、その子に応じたちょうどの目標を作成し、その目標を達成できるよう全職員に周知し、同じ方向を向き、支援が出来るよう調整をしていくので、コミュニケーション能力の向上、パソコン操作の向上など自分自身のスキルを向上できます。

SCHEDULE 1日の流れ

平日放課後利用の場合
  • 10:00~

    ミーティング
    個別支援計画作成
    保護者様との電話対応
    事務作業
    休憩

  • 14:00

    送迎業務フォロー
    支援業務フォロー
    事務作業

  • 18:00

    送迎業務フォロー
    掃除
    ミーティング

  • 19:00

    退社

長期休暇中・一日利用の場合
  • 8:30~

    ミーティング
    送迎業務フォロー

  • 10:00~

    支援業務フォロー
    保護者様との電話対応
    事務作業
    休憩

  • 16:00〜

    送迎業務フォロー
    掃除
    ミーティング

  • 17:30〜

    退社

VOICE 先輩職員の声

小川理恵

それぞれの計画をもとに
「安心して過ごせる場所」に
していきます!

夢門塾 ゆうゆう総社

小川理恵

  • 夢門塾を選んだ理由

    私は今まで、介護や就労の仕事をしてきました。生きづらさを感じている人たちに出会うたびに、「もっと早い段階で生きていきやすい力を身に付けることができたら、この人の困り感が少なかったのかもしれない」と思うようになりました。そう思う機会が増えていったので、思いきって児童の世界に飛び込もうと決意をしました。
    色々なところに見学に行き、自己肯定感を大切にしたり、「人生を生き抜く力を育てる」という考え方に感銘を受け、夢門塾に就職を決めました。

  • 実際に働いてみての印象は?

    個別支援計画書を作成するにあたって、初めは保護者のニーズからスタートします。家庭や学校での困り感などを聞き取りながら、優先順位を選んでいき、今できる最善のスキルアップを課題に挙げ作成していきます。計画書作成の中で重要な事は実際に子どたちと関わり、共に過ごす時間になります。どんな時に笑顔になり、どんな時に泣いて、どんな時に怒っているか、どんなことが出来るようになったかなど、肌で感じる時間を大切に過ごせる環境に感謝をしています。また、他の職員も日々の様子や課題を共に考える機会が多く、自分だけでは分からない子どもの姿を共有しやすいことも、すごく恵まれているな、と思います。

  • 仕事のやりがいは?

    利用されている子どもたちは学齢期の大切な時期になります。子どもたちの人生において基盤になる、短期間ではありますがとても重要な時間に、生きる力を育てることのサポートができることに日々喜びを感じています。「出来ない事が出来るようになる」という視点ではなく、「出来る事を伸ばしていく」という目線で関わるようにしています。子どもたちの力は無限大です。子どもたちの成長した様子や保護者の方々の笑顔、安心感などを直接肌で感じることができるとてもステキな仕事です。。

  • 入社後成長したと思える部分

    児童発達支援管理責任者に就任してからは特に、自分の行動に「責任」を意識するようになりました。子どもたちの人生の中で、私が共に過ごせる時間はほんのわずかです。だからこそ、1回1回の療育の時間に、精一杯の関わりを持ちたいと思っています。児童発達支援管理責任者として、個別の目標を立て、達成していく過程は決して私1人ではできません。共に働く仲間がいるからこそ、私自身もスキルアップを目指して頑張れています。

  • どんな職場ですか?

    いつも笑い声が絶えず、楽しく明るい職場です。それぞれの強みを活かしながら働けるので、スキルアップへの意識も強いです。お互いに「違う考え方、違うやり方」を知りたい!どうやったらより良い支援ができるか!などそれぞれが考え、伝えたり、聞いたりできる良い関係性が築けています。子どもたち一人ひとりに寄り添い、子どもたちのために力を注いでいける最高のチームです。

  • 嬉しかったこと・印象に残っていること

    まだ夢門塾に就職して間もない頃、ある子どもが「先生いつも勉強を教えてくれて、遊んでくれてありがとう。また一緒にサッカーがしたいです。」と手紙をくれました。渡す事が恥ずかしかったようで、手紙を持って私の前を何度も歩いたり隠れたりしていたのですが、がんばって直接渡してくれました。
    子どもたちの笑顔と「ありがとう」と言う言葉は私のパワーの源です。

  • 今後の目標・チャレンジしていきたいこと

    個別支援計画作成においては、スモールステップになるよう、日々の関わりの中で笑顔や涙などの背景を探り、子どもたち自身が感じていることや思っていることを受け取っていける自分になりたいと思っています。その中で子どもたち自身の感情や行動の幅が広がっていけるよう、私自身が研修に参加したり、職場の仲間と学び合ったりなどの研鑽を通して成長していきます。

  • 就職を考えている方へ一言お願いします

    夢門塾では日々子どもたちから教わり、反省をしたり喜んだり、とても充実した時間を過ごせます!楽しい運動の時間や笑顔のおやつの時間、生きていく為に必要な自由時間等々の中で、気付いたらコミュニケーション能力が上がっているようなプログラム設定になっています。夢門塾はたくさんの横のつながりがあるのが特徴です。良かった点や反省点の共有が即座にでき、同じ目標に向かって進むことのできる会社です。
    私は夢門塾に就職して、たくさんの子どもたちや保護者、仲間に出会えたことに感謝しています。もし、興味があってこの文章を読んでいるのであれば、ぜひ仲間になって欲しいなと思います。